【カンボジア3人旅】まさかのイオン?有名くずし割烹もご紹介!

 

今回は首都プノンペンの郊外とイオンの様子、そしてカンボジア屈指の本格和食店をご紹介します!

カンボジアにまさかのイオンがありました!!

 

 

プノンペンの郊外で衝撃写真

 

フレンチで大満足なあとは、郊外の町の様子を見に行きました。

中心部からGrabで20分程移動すると、アパートや一戸建てがずらーっと並んでいます。

 

赤い屋根の建物は、学校だそうです!

ミニチュハウスのように綺麗な形で可愛い〜!

手前の方には門がありますね。

高速道路への入り口だったかな?

とにかく、ここがリアルな生活圏内ですね!

 

そしてそして、、問題の衝撃写真がこちら

 

 

 

 

どーーーん

 

え?

めっちゃ怖くないですか?

同じ家が延々と続いているんです。

トリックアート?!と思いましたよ。

本当におもちゃみたい。

一つの村でも作る計画なのかな。

カンボジアに来て1番の衝撃でした。笑

 

まさかのイオンモール!

 

プノンペン市内には、2014年にイオンモールができたそうです。

イオンがあるなんてびっくり!

 

中は日本のイオンとそっくりで、100均もありましたよ〜!

基本的にスーパーとレストランに人が集まっていて、モールの方はあまり混んでいなかったです。

なので、ショップに一歩でも入ると、3人くらいの店員さんに接客して頂けました!笑

 

上の階に登ると、レストランフロアがありました。

ラーメンはカンボジアでも人気らしく、味千ラーメンがありました!

私は全く馴染みのないお店だったので、知らなかったのですが、東海地方では静岡のみ店舗があるようです!

味千のラーメンは豚骨スープ。

ただ、日本の味付けはカンボジアの人達には濃いようで、現地では薄めのスープに改良されているとの事でした。

国によって味覚って違いますもんね。

アジア圏でラーメン店を成功させるのはかなり難しいそうです。

 

以前、芸人のデビット伊東さんが、ベトナムでラーメン屋を出店する企画をやっていましたが、

オープン前に現地スタッフに味見をしてもらっても、なかなかOKをもらえていませんでした。

何度も何度も改良を重ね、途中辛くて泣いている様子も、、(T ^ T)

オリジナルの味を作り、成功するということは本当に大変なんですね。

今ではホーチミン店舗、成功されているそうです^^

 

カンボジアにおでん?!

 

まだお腹は満たされていたので、スーパーへ移動!

海外のスーパーで、どんなものが売っているかを見るのって楽しいですよね〜!

 

その前に同じ階にあるドラッグストアへ。

歩いているだけで蚊に刺されるので、虫除けスプレーをゲット。

最初、定員さんに聞いても「はて?」という反応だったので、まさかこの国には虫除けという文化がないのかと焦りました。笑

あってよかった〜〜!!

みなさんとても親切なので、一緒にスプレーを選んでくれました^^

 

その後スーパーを散策。

まず見つけたのが、まさかのおでん!!

毎日暑いのに!

出汁スープがかなり少なくなっていますね。

ひたひたにつけて欲しい日本人。笑

値段は一律¥66($0.6)でした!

 

フルーツコーナーではココナッツが売っており、兄が「血がサラサラになるぞ!」と勧めてきたので、笑

その場でカットしてもらい、3人で飲み歩きをしました!

日本ではなかなか飲めないココナッツウォーター。

味は意外とさっぱりしてとても飲みやすかったです^^

 

イオン内にはスタバもあったので、カンボジア限定のお土産(ミニマグカップ)を購入しました!

 

日本人オーナーのくずし割烹!

 

夜はカンボジア屈指の和食店「安達」へお邪魔しました!

オープンは2016年。

 

オーナー兼料理長の安達さんは、日本での修行後に上海で独立され、13年に渡って経営をされていたそうです。

カンボジアを選んだ理由は、親日でとてもウェルカムな雰囲気だったからとの事。

 

入った瞬間、定員さんと共に「いらっしゃいませー!!」と元気よくお出迎えして下さいました。

1階はカウンターだったので、私たちは2階の個室へ。

お部屋は畳に掘り炬燵、そして掛け軸まであり、日本にいるかと思うほどのクオリティ!

 

お料理も最高に美味しかったです!!

特にこのお饅頭は絶品でした、、♡

 

2階は全て個室のお部屋なので、家族でゆっくり過ごしたい方、商談で利用したい方にもおすすめです!

定員さんも日本語が得意な方が何名かいらっしゃったので、安心ですね^^

デザートの前には新しいおしぼりも出して下さいました。

サービスが行き届いており、本当に居心地が良かったです!

 

まとめ

 

プノンペン2日目は如何でしたか?

海外でビジネスを展開し、成功させるって本当に難しいと思うんです。

英語圏でない場所で、土地勘もなく、知り合いも少ない。

だけど、自国ではない場所で、自分の技術を使って人々を笑顔にできる。

そんな幸せなことは無いですよね。

本当に素晴らしい場所を見せて頂けた1日でした!!